Real Estate

New Posts

ローン滞納時の対策

任意売却という方法を知っているか知らないか、そこが住宅ローンを抱えていながら返済が立ちいかなくなった場合における、運命の分かれ道です。専門家に協力してもらうための費用を知れば、安心して利用できるとわかります。

詳細を読む

安心できる環境

分譲マンションを購入するとき、オートロック付きという条件はもはや必須の条件だといえます。セキュリティ体制の基礎ともいえるこの設備があることは、安心できる環境を構築するために欠かせません。

詳細を読む

見逃せない制度

発行予定残額が日に日に減っています

木材利用ポイントの発行申請はお済みでしょうか。期限は平成27年5月31日までだから、まだ時間があると思っている方や、交換する商品が決まってないからまだ発行申請をしていない方は、できるだけ早めに申請してください。 木材利用ポイントの発行申請の締切期限は、平成27年5月31日までです。しかしこれは最大でこの日までという目安にすぎません。もっと早くに発行申請が終了する場合もあります。木材利用ポイントには発行予定額があらかじめ設定されており、その発行予定額に達した時点で、申請受付が終了されるのです。 平成27年3月16日時点で発行可能ポイントの残高は60億ポイントありました。これが平成27年4月2日時点で27億ポイントまで減少しました。駆け込み申請が多いようです。この勢いでいけば、早期終了も十分ありえます。木材利用ポイント事務局のホームページや新聞広告などでも再三その旨を告知していますので、早めに申請をしましょう。

ポイント交換で地域の魅力を再発見できます

木材利用ポイントの発行申請と交換申請を同時に行うこともできますが、必ずしも同時に行う必要はありません。ひとまず発行申請を済ませて、交換申請は平成27年10月31日までに行えば大丈夫です。 交換商品にどんなものがあるか調べるには、確認するにはホームページ以外にもカタログを送付してもらったり、木材利用ポイント交換商品を紹介するサイトもあります。ポイントは地域の農産物や木工製品の他、使用に上限がありますが全国共通商品券などに交換できます。 ご当地農産物は、さながらお取り寄せグルメのような高級食材が豊富に揃っています。ポイント利用ならこうした商品も気兼ねなく選択できるのではないでしょうか。国産の木材を使用した家具にも交換できますが、伝統工芸のものから、現代的なデザインのものまで多数あります。その他にも、日帰り体験ツアーなどがあります。国内の木材や特産物を再発見する良い機会になりそうです。

Pick Up

ポイントとポイント数

木材利用ポイントの発行対象となる工事着手期間や誠意法期間は終了していると言いますが、木材利用ポイント発行申請については現在でも受け付けが行われています。またその期間についても平成27年10月31日までとなっています。

read more

New Posts

オンライン上の情報

中古マンションを購入するのは、居住用としても、投資用としても、有用な選択肢として検討する余地があります。オンライン上の情報をかき集めて、選択肢の幅が広がる有用性と合わせて、よく学んで検討することが大切です。

詳細を読む

お金の上手な使い方

一棟売りマンションは大阪という東京に次ぐ大都市において、お金の上手な使い方になる投資対象として有用です。知識をつけて取り組めば、お金がお金を生む生活を実現することもできるようになります。

詳細を読む

オススメリンク

  • マンション管理比較君

    マンション管理会社の一括見積を利用して、お得に利用できる管理会社を探してみましょう。まずはココから。